沖縄県の今帰仁村議会(座間味薫議長)は9日、一般質問が行われたが、計3度の辞職勧告決議が出されている村議の登壇前に6人が退席し、定足数不足で延会した。村議会は定数11で、出席議員数が定数の半数を満たさなかった。

今帰仁村議会=2016年

 決議が出されているのは女性に性的暴行を加えた疑いで書類送検され、不起訴となった70代の男性村議。

 退席した村議らは、10日の朝に開かれる全員協議会で、当該村議が村議会基本条例の「議員の政治倫理」に基づく説明をするかどうかで、本会議への出席を判断するとしている。