9日午前10時半ごろ、県青少年保護育成条例違反の疑いで逮捕、沖縄署に引致した会社員の20代の男が、隠し持っていたナイフで自身の首付近を切り付け自殺を図り、救急搬送された。沖縄署によると男に意識はあり、命に別条はない。

 男の逮捕容疑は11月26日、本島中部のホテルで、会員制交流サイト(SNS)で知り合った女子中学生とみだらな行為をした疑い。

 逮捕状を執行し、容疑者の男を乗せた捜査車両が沖縄署に到着したところ、両隣に座る捜査員の目を盗んで自殺を図ったという。