ロシアのミハイル・ガルージン駐日大使は10日、沖縄県庁を訪れ、富川盛武副知事と会談し、ロシア南部ロストフ州と県との経済連携のMOU(覚書)締結に向け、取り組みを進めることを確認した。途中、公舎で静養中の玉城デニー知事とも電話をつなぎ、「沖縄県とロシアの交流が、さらに発展することを期待したい」と述べた。

ガルージン駐日ロシア大使(左)と会談し、記念品を手渡す富川盛武副知事=10日、沖縄県庁

 ガルージン氏は知事に「観光、文化、教育、スポスポーツ、空手も含めて、沖縄県とロシアの交流の見通しが明るいと思う」と述べ、交流促進に期待した。

 会談した富川氏には「MOUが、できるだけ早く署名されることを期待したい。大使館として署名に最大限協力したい」と述べた。

 MOUは富川氏は「ローカルレベルの交流がさらに進めばと思っている。新型コロナウイルスの影響で滞っているが、ぜひ再び動かして、連携したい」と話した。

 2019年に、知事や富川氏がロシアでの国際フォーラムに参加したのを機に、地域間交流の検討を進めてきた。