琉球銀行は10日、同行を装ったSMS(ショートメッセージサービス)を携帯電話に送りつけ、偽サイトに誘導してインターネットバンキングのIDやパスワードをだまし取る事案が発生していると発表した。同日午後5時までに個人客のIDとパスワードを使った不正送金が7件、総額2116万円の被害が確認された。