高1で自殺した女子生徒が中学校時代に教員からわいせつ行為を受けていたという重大な情報を、教育行政全体が見逃していた。性被害に対する認識の甘さが根底にあると言え、情報共有や調査の在り方が妥当だったのか厳しい検証が求められる。