【東京】照屋寛徳衆院議員(社民、沖縄2区)は21日、次期衆院選への出馬に関し「後継者へのバトンタッチも含めて慎重に考えたい」と述べ、現時点での態度を保留した。沖縄タイムスの取材に答えた。 党は20日の常任幹事会で、次期衆院選小選挙区の公認候補として、照屋氏の内定を決めた。