「きょうだい児」という言葉がある。障がい児や病弱児の兄弟や姉妹のことで、福祉の世界では支援の必要性が語られてきた。子どもならだれでも親に甘えたいのに、本人は健常なため目を掛けてもらいにくく、人知れず寂しさや自己否定の感情を抱え込みがちといわれる。「もっと自分のことを見て」「私はいらない子」―。