広島や長崎で被爆し戦後の沖縄を生きた被爆者と向き合い、聞き取り調査を重ねる研究者がいる。長崎大学核兵器廃絶研究センター客員研究員の桐谷多恵子さん(39)。