沖縄タイムス+プラス ニュース

<米軍ヘリパッド>250人が座り込み ダンプは姿見せず

2016年10月22日 13:24

 東村高江周辺の米軍ヘリパッド建設問題で、建設に反対する市民らは22日も、建設予定地N1地区の出入り口で座り込みをしている。土曜日の大規模行動日で、最大約250人が参加。午後0時半現在、砂利を運ぶダンプは姿を見せていない。

ヨガで体をほぐす抗議参加者=22日午前9時すぎ、東村高江

 集会では大阪府警の機動隊員による「土人」などの暴言、沖縄平和運動センターの山城博治議長らの勾留が続いていることに批判が相次いだ。

 

「沖縄の基地問題」もっと詳しく。有料会員ならこんな記事も読めます。

 「翁長が恋しいです」流れ呼んだ妻の訴え 沖縄県知事選

 住宅の上を飛ばないで…「これってそんなに難しいお願い?」

 基地維持に「沖縄差別」を利用する米国 日本人の沈黙が支える過重負担

購読者プラン/デジタル購読者プランの会員なら、電子新聞も有料記事も読み放題! 


これってホント!? 誤解だらけの沖縄基地
沖縄タイムス社編集局編
高文研
売り上げランキング: 24,236
前の記事へ 次の記事へ
沖縄関連、今話題です(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
きょうのお天気