任期満了に伴う来年4月25日投開票の沖縄県のうるま市長選で、現市政に対抗する「オール沖縄」勢力の候補者選考委員会から立候補を要請されていた沖縄国際大学教授の照屋寛之氏(68)は12日、市内で記者会見し、要請を受諾することを明らかにした。来年1月下旬をめどに正式に出馬表明をする。照屋氏は「人材こそが資源と考え、人を育てる教育の街づくりを目指したい」と述べた。

照屋寛之 

 照屋氏は行政や政治の目的は市民生活を守り豊かにすることとし、「新型コロナウイルス感染拡大の影響で財政的に厳しい状況になるが、そんな中でも誰もが教育を受けられるようにし、市民が主役のうるま市にしたい」と述べた。

 照屋氏は来年3月末で定年を迎え、1月下旬までは講義も受け持っているが、「多くの人が支えてくれるため、選挙戦に支障はないと考えている」とした。

 市長選には市政与党の候補として市議の中村正人氏(55)も立候補を表明している。

 照屋 寛之氏(てるや・ひろゆき)1952年10月4日生まれ。うるま市(旧具志川村)前原出身。日本大学法学部法学研究科博士後期課程単位取得退学。沖縄国際大学法学部教授(行政学、政治学)。