沖縄タイムス+プラス ニュース

沖縄、新たに2人が死亡 19人が感染【12月14日昼】

2020年12月14日 15:01

 沖縄県は14日、新型コロナウイルスに感染した2人が死亡したと発表した。関連死者は計77人となった。また、新たに19人が新型コロナに感染したと発表した。1日当たりの新規感染者が二桁になるのは80日連続で、累計感染者数は4824人になった。

新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(米国立アレルギー感染症研究所提供)

 在沖米軍関係は3人が感染し、累計で640人となった。

 県の13日発表では、新型コロナ専用病床の占有率は82・8%になり、前日の80・4%から2・4ポイント上昇した。

 県の糸数公保健衛生統括監は「1日あたりの新規感染者数40人前後が続くと、病床占有率が上がるなどさまざまな指標が悪くなる」と述べ、感染者を抑える必要があるとの見解を示した。  12日までの1週間の新規感染者数は251人。人口10万人当たり17・23人で、全国で7番目に多かった。最多は大阪府27・49人、北海道25・11人、東京都24・09人と続いた。

連載・コラム
記事を検索