沖縄県の米軍普天間飛行場返還問題を巡り、公明党本部と県本部がキャンプ・シュワブ、ハンセンのいずれかにヘリパッドを建設する県内陸上案を検討対象の一つとしていることが明らかになった。県内移設に反対する声は根強く、過去、陸上案は上がっては消えた。