沖縄・浦添市長選へ立候補の意思を固めた共産所属で浦添市議の伊礼悠記氏(38)が、離党に踏み切った。党籍維持にこだわる共産に対し、「市民の幅広い支援を集めたい」と自ら離党のカードを切った。離党した上で「無所属」での立候補を求めてきた社民、社大関係者は歓迎し、共闘に向け前向きな声が上がる。