2017年12月に宜野湾市野嵩の緑ヶ丘保育園の屋根で米軍ヘリに装着のものと同型のプラスチック製部品(重さ213グラム)が落下した事故で、県警が落下原因について「特定に至らず」との検証結果を発表する見通しであることが16日、複数の県警関係者への取材で分かった。