沖縄タイムス+プラス ニュース

沖縄出身の捕手で初! 巨人・大城選手がベストナインに選出

2020年12月17日 07:54

 日本プロ野球機構(NPB)は16日、セ、パ両リーグのベストナインを発表し、セ・リーグ2連覇を果たした巨人の大城卓三捕手(27)=首里中-東海大相模高-東海大出-NTT西日本=が初めて選ばれた。沖縄県出身で捕手でのベストナイン選出は初。

大城卓三捕手

 プロ3年目の大城は今季93試合に出場。規定打席には届かなかったが打率2割7分0厘、9本塁打、41打点の成績を残した。県出身では2018年と19年、パ・リーグで西武の山川穂高一塁手が2年連続で獲得している。

野球・ゴルフ・サッカー・バスケ・・・プロからアマまでスポーツ全記事、読み放題! >>「沖縄タイムス+プラス スポーツ」

連載・コラム
記事を検索