沖縄タイムス+プラス ニュース

介護職員にPCR検査、受け付け開始 沖縄県が申請を呼び掛け

2020年12月17日 09:21

 重症化しやすい高齢者への新型コロナウイルス感染を防ぐため、沖縄県は15日、介護サービス事業所・施設で働く職員の定期的なPCR検査実施に向けた申請の受け付けを始めた。県内の事業所・施設に勤務し、利用者と対面したり、同じ空間にいたりする介護職員が対象。事業所・施設が手続きをする必要があり、県が申請を呼び掛けている。締め切りは28日まで。

沖縄県庁

 検査は来年1~3月までの3カ月間で、職員1人当たり月1回の予定。検査希望や流行状況で期間と回数は変更の可能性があり、費用は県が負担する。

 申請は「県電子申請サービス」で検索し「新型コロナPCR検査強化事業」を選ぶ。問い合わせは県新型コロナ対策本部総括情報部、電話098(866)2014。

連載・コラム
記事を検索