今季のプロ野球のタイトル獲得者らを表彰するNPBアワーズが17日、東京都内で開かれ、パ・リーグ新人王に西武の平良海馬投手(21)=石垣市出身、八重山商工高出=が選出された。県出身選手の新人王受賞は初めて。

新人王を受賞し、ポーズをとる西武・平良(左)と広島・森下=17日、東京都内のホテル(代表撮影)

 平良は2018年にドラフト4位で入団し、最速160キロの直球と多彩な変化球で19年から中継ぎに定着。3年目の今季はリーグ最多タイの54試合に登板し、同2位の33ホールドで無敗だった。防御率は1・87と抜群の安定感を見せた。

 西武・平良海馬投手の話

 今季は絶対に点を取られてはいけない場面で投げていたので、頼られている気がして楽しかった。この賞に恥じないよう、来年も頑張りたい。(共同通信)