およそ16人に1人。2017年に全国で生まれた子どものうち、不妊治療の体外受精によって誕生した子どもの割合だ。その子どもたちが小学校に入学する2024年には、クラスに1~2人、体外受精で生まれた子どもがいる計算になる。不妊治療はいまや珍しいことではない。