沖縄美ら海水族館は4日から、深海に生息するミツクリザメの全身標本の展示を始めた。歯がむき出しの恐ろしげな姿から、欧米では「悪魔のサメ」の呼称で知られ、日本では鼻先の長さからテングザメとも呼ばれる。

「深海探検の部屋」に展示中のミツクリザメの標本(沖縄美ら海水族館提供)

 水深300~千メートルにすみ、上下の顎を前方に突出させて餌を捕獲することが特徴で、その速度は魚類最速といわれている。

 標本のサメはオスで全長2.2メートル。同館1階の「深海探検の部屋」に展示。突出した顎も観察でき、仕組みがパネルで解説されている。