首里城 象徴になるまで

なぜ若い人まで首里城火災に泣いたか 思い乗せて、歴史の光と影を物語る城へ

2020年12月21日 13:50有料

[首里城 象徴になるまで](46) 第4部 1年後の一歩 復興機運は続くか(下) なぜ、若い人まで首里城火災に泣いたか。1年が過ぎた今、県立芸術大学の大学院2年、下地彩香さん(27)=北中城村=は分かる気がしている。 最初に首里城を訪れたのは小学校の遠足。印象は薄い。次は高校卒業の時だ。

連載・コラム
記事を検索