豊見城市の山川仁市長は16日、市議会12月定例会で、2022年4月に県内全域で子どもの医療費助成が中学校卒業までに拡充されるのに合わせ、窓口で費用を支払う必要がない「現物給付」を導入する考えを表明した。