[「独り」をつないで ひきこもりの像](37) 第3部「支援、その先に」それぞれの奮闘(3) ひきこもりなど生きづらさを抱える人に家以外で安心できる居場所を-。那覇市松川の「ソーシャルハウスあごら」は、そんな思いの詰まった空間だ。施設長の山城亨さん(46)もまた、ひきこもりを経験した。