【東京】日本青年会議所沖縄地区沖縄ブロック協議会のメンバーが15日、経産省に宗清皇一政務官を訪ね、「尖閣諸島の更なる実効支配を行うための施策案」を要請した。

尖閣諸島に関する施策案などを宗清皇一経産政務官(中央)に提出する日本青年会議所沖縄地区沖縄ブロック協議会の関係者ら=15日、経産省

 漁業関係者らが使える船着き場を整備することや、海底資源調査の実施など4項目を求めた。宗清氏は「提言はしっかり経産省としても受け止めさせていただく」と応じた。

 このほか、尖閣諸島の自然環境調査の実施、魚釣島にある慰霊碑の修繕も求めている。同協議会は環境省、厚労省、国交省にも要請した。

 施策案は、同協議会が実施した尖閣諸島に関する全国アンケート結果(1441件、うち県内281件)の回答を取りまとめたもの。