沖縄タイムス+プラス ニュース

歌舞伎町から首里城の再建を応援 沖縄出身の店主が募金を寄付「沖縄を思う人は多い」

2020年12月22日 08:23

 【東京】新宿・歌舞伎町の繁華街「新宿ゴールデン街」で沖縄出身者や沖縄ファンが集う酒場「一歩」は、首里城復興に役立ててほしいと来店者らから集まった募金3万585円を県に託した。

首里城の再建に役立ててほしいと話す吉田純子さん=17日、新宿・歌舞伎町の「新宿ゴールデン街」にある酒場「一歩」

 店主の吉田純子さんは糸満市出身で、ゴールデン街で店を構えて今年で33年になる。吉田さんは「首里城が燃えてしまう前に観光で訪れていた常連客や沖縄出身者から『首里城のために何かしたい』との話が出て、店に募金箱を設置した」と話す。

 コロナ禍でゴールデン街も客足が減るなど大きな影響を受けているが「この街には、沖縄のことを思っている人たちが多くいる。役立ててほしい」と話した。

首里城の再建に役立ててほしいと話す吉田純子さん=17日、新宿・歌舞伎町の「新宿ゴールデン街」にある酒場「一歩」

……………………………………

連載・コラム
記事を検索