携帯電話大手のソフトバンクが20ギガバイトで月額2980円(税別)の料金プランを開始する方針を固めたことが21日分かった。データ容量、価格ともにNTTドコモの新料金プラン「ahamo(アハモ)」と同じにし、対抗する狙い。22日午前10時から開催する新しい携帯料金プランに関する発表会で、榛葉淳副社長がオンラインで説明する。

(資料写真)スマホを2台持つ手

 ソフトバンクは新たな料金プランをオンライン専用で提供する。傘下の格安スマートフォン事業者「LINEモバイル」も活用する。LINEはソフトバンク傘下のZホールディングス(ZHD)と来年3月に経営統合する予定で、ソフトバンクはLINEの携帯電話事業の活用で事業を効率化し、携帯値下げに対応する方針だ。