沖縄県那覇市牧志のバー・ゴールドダストは、ひとり親家庭を応援する「子どもカフェ」を始めた。県内のシングルマザーやシングルファザーの家庭が対象。看板メニューのクラムチャウダーやフルーツパンケーキなどを無料で提供。20日に訪れた家族たちは、フルーツがたっぷりのったパンケーキのボリュームに驚きながらも「カフェだからこその本格的な味わいで、とてもおいしい」と満足げ。新垣勝信店長(71)は「親子で楽しいひとときを過ごして」と多くの参加を呼び掛けている。来年3月28日まで。

チョコバナナパンケーキを楽しんだ松川さん親子=20日、那覇市のバー・ゴールドダスト

 子どもカフェは、保育園経営の経験もある新垣店長が、新型コロナウイルス感染症の流行で影響を受けたひとり親家庭を応援しようと企画。新垣店長は「親子でおいしい料理を食べてもらい、コロナの中でも元気になってほしい」と説明する。

  土曜日と日曜日限定で12日から始めており、これまでに12組の親子が看板メニューに舌鼓を打ち、一家だんらんを楽しんだ。お礼のメールも届いているという。

 20日、バナナとチョコをふんだんに盛り付けたチョコバナナパンケーキを食べた松川芯典くん(5)は「クリームがおいしかった。また食べたいな」と笑顔。お母さんのハヤ子さん(46)は「みんなで支え合っていると実感できる企画で、感謝の気持ちでいっぱい」と話した。

「クリームがふわふわでおしい」と喜ぶ中村さん親子

 中村梢さん(39)は、沖縄タイムスのWEB記事で子どもカフェを知ったという。「家で作るのとは全く違う味わい。とてもおいしく、子どもとの思い出ができた」とした。よつばちゃん(8)は「クリームがふわふわしてて、口の中でとろけて幸せ」と目を細めた。

  子どもカフェは、新型コロナウイルス感染予防のため、1日4世帯限定。正午から午後4時までを1時間ごとに区切り、それぞれ1組を受け入れる。

 事前申し込みが必要。1世帯4人までで、子どもは高校生までが対象となる。子どもカフェへの申し込みはこちらから。 

 バー・ゴールドダストは、クラウドファンディングサイトのLink―U(リンクユー)で、子どもカフェの運営資金を募っている。返礼品は、同店のパンケーキペアチケット(3千円)、フルーツパンケーキペアチケット(4千円)、好きなカフェメニューとドリンクが選べるペアチケット(8千円)、好きなバードリンクが選べるペアチケット(1万円)など。

  リンクユーへのアクセスはこちらから。問い合わせは新垣店長、電話090(3327)3338まで。