転職コンサルタントに調査

[ITmedia]

 2021年は35歳以上が転職のチャンス? 人材サービス大手のエン・ジャパンが、転職コンサルタントを対象に「ミドルの求人動向」について調査を実施。42%が「ミドル世代の求人が増える」と回答した。その理由は?

42%が「35歳以上の求人が増える」と回答

 21年のミドルを対象とした求人募集の変化について尋ねたところ、42%が「増加すると思う」と回答。理由を尋ねると「業態のシフトチェンジに伴う、経験者募集の増加」が最も多く41%。次いで「景気回復の兆しが見えてきたため」(36%)、「DX化を推進するため、スペシャリスト募集の増加」(34%)、「若手人材の不足による、採用人材の年齢幅が拡大」(34%)と続いた。

「2021年において、35才以上のミドル人材を対象とした求人募集増加すると思う」と回答した理由(出典:エン・ジャパン「ミドルの求人動向」についてアンケート)

 「DX(デジタルトランスフォーメーション)化が進むことでミドル求人数は変化すると思うか」という問いには、44%が「増加すると思う・どちらかといえば増加すると思う」と回答した。

DX化が進むことでミドル求人数は変化すると思いますか?(出典:エン・ジャパン「ミドルの求人動向」についてアンケート)

 「増加すると思う」と答えた理由としては「2025年問題を見据え、ICT推進に取り組む企業が増え、それに伴う求人が増えると考えられるため」「DXを推進するための経営企画~立案をする人材から、システム開発にてマネジメントをする人材ニーズが増えると考えられるため」という声があがった。

 一方で「減少すると思う・どちらかといえば減少すると思う」と回答した人からは「DX化の浸透によるマネジメントの効率化が進みミドルの業務量が減少するため比例してミドルの求人数も減少すると思われる」「省人化がなされることにより、必要な人手が少なくなる。ミドル層に限らず必然的に求人は減ることになると考える」といった理由があがった。

増加が予想される求人トレンドは「IT・インターネット」年収帯は?

 リモートワークや副業、フリーランス、ワーケーションといった働き方の多様化について「ミドル領域でも起きていると感じるか」と尋ねたところ、83%が「起きていると感じる」と回答。具体的な変化として「一部リモート勤務」(83%)、「在宅勤務」(75%)といったリモートワークへの変化が上位にあがった。

働き方の多様化はミドル領域でも起きていると感じますか?(出典:エン・ジャパン「ミドルの求人動向」についてアンケート)
どのような働き方の多様化が起きていると感じますか?(出典:エン・ジャパン「ミドルの求人動向」についてアンケート)

 ミドルを対象とした求人のトレンドについて、企業タイプでは「中堅・中小企業」(75%)、業種では「IT・インターネット」(58%)、役職では「課長クラス」(73%)が最多に。また、職種では「技術系(IT・Web・通信系)」が最も多く42%。年収帯は「700~799万円」(53%)が最多。次いで「600~699万」(52%)となった。

求人募集が増えると見込まれる「年収帯」を教えてください(出典:エン・ジャパン「ミドルの求人動向」についてアンケート)

 ここ2~3年と比較して「ミドル人材に求められるスキルは変化してきているか」と尋ねると、73%が「変化してきている」と回答。転職コンサルタントからは「デジタル化が進み、簡易的な業務はAI(人工知能)などに任せられるが、それを定義する力、利用する力、考察力が求められる」「特にITは従来のITスキルだけでは太刀打ちできないレベルの求人も増える傾向。人材コンサルタントも勉強しなおす必要がある」といった、テクノロジーの進歩に伴う変化を感じる声があがった。

ここ2~3年と比較して、ミドル人材に求められるスキルは変化してきていますか?(出典:エン・ジャパン「ミドルの求人動向」についてアンケート)

 調査は「ミドルの転職」を利用する転職コンサルタントを対象に、11月9~13日にインターネットで実施。有効回答数は157人だった。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.