[未来支える] 企業や団体、個人から寄せられた寄付金を子どもの貧困解消に役立てる「沖縄こども未来プロジェクト」(代表・武富和彦沖縄タイムス社長)は22日、入学応援給付金の支給対象者として、来春に県内の小・中学校に入学予定の858人を内定した。