沖縄タイムス+プラス ニュース

沖縄のコロナ関連死亡80人に 新規感染は37人【12月23日昼】

2020年12月23日 15:12

 沖縄県は23日、新型コロナウイルスに感染した1人が死亡したと発表した。関連死者は計80人となった。また、新たに37人が新型コロナに感染したと発表した。県内の累計感染者数は5047人となった。1日当たりの新規感染者が二桁になるのは89日連続。

新型コロナウイルス

 県の22日の発表では、21人の新規感染者が確認され、県内の累計感染者数が5千人を超えた。10月21日に3千人台となり、34日間で4千人台になった。その後30日間で5千人を超え、ほぼ同じペースで感染が広がっている。県は「予断を許す状況ではなく、感染防止の徹底をしてほしい」と呼び掛けた。

 直近1週間の人口10万人当たりの新規感染者数は11・67人で全国17番目。全国平均の14・82人を下回った。
 

連載・コラム
記事を検索