前北中城村長の新垣邦男氏が次期衆院選で社民公認で立候補すると発表した。立憲民主との合流により党組織の先行きが見通せない社民での立候補は、比例代表での復活当選の道を事実上閉ざすものと言える。