沖縄で建設や小売、観光産業など幅広く展開する金秀グループの金秀本社(那覇市、新垣秀彦社長)は24日、前三井物産那覇支店長の花牟礼真一氏(56)を、来年1月1日付で特別参与に迎えると発表した。

花牟礼真一氏

 同社は「花牟礼氏の商社で培った現場力を生かし、付加価値の高い事業を創出していくことを期待している。グループ各社と連携し、各事業の有機的な連動を推進する」としている。

 花牟礼氏は1964年1月、鹿児島県出身。86年、九州大学農学部卒業後、三井物産入社。2016年3月から今年10月まで那覇支店長を務めた。