沖縄タイムス+プラス ニュース

米国でFA18墜落炎上、7月以降3件目 同型機が岩国・普天間に

2016年10月27日 16:00

 【平安名純代・米国特約記者】米カリフォルニア州の海兵隊基地トゥエンティナインパームス地対空戦闘センターで25日午後6時ごろ、通常訓練中の戦闘攻撃機FA18C型ホーネット1機が墜落、炎上した。操縦士1人は脱出して無事だった。負傷の程度など詳細は明らかにされていない。米紙ロサンゼルス・タイムズなど複数の地元メディアが報じた。

米軍普天間飛行場を離陸するFA18戦闘攻撃機(2012年、資料写真)

 米軍当局によると、墜落現場はロサンゼルス市から東へ約230キロ地点にあるモハーベ砂漠地帯で、民間への被害はない。

 墜落機は、サウスカロライナ州ビューフォート基地所属。事故原因については当局が調査を進めている。

 FA18を巡っては、7月末から8月上旬にかけ、2件の墜落事故が発生。そのうち1件は操縦士が死亡している。

 これを受け、米海兵隊は全基地での訓練を24時間停止し、機体の点検を行うなどの措置を講じていた。

 米軍普天間飛行場には、岩国基地(山口県)所属の同型機が外来機として飛来している。

 

「沖縄の基地問題」もっと詳しく。有料会員ならこんな記事も読めます。

 「翁長が恋しいです」流れ呼んだ妻の訴え 沖縄県知事選

 住宅の上を飛ばないで…「これってそんなに難しいお願い?」

 基地維持に「沖縄差別」を利用する米国 日本人の沈黙が支える過重負担

購読者プラン/デジタル購読者プランの会員なら、電子新聞も有料記事も読み放題! 


これってホント!? 誤解だらけの沖縄基地
沖縄タイムス社編集局編
高文研
売り上げランキング: 24,236
前の記事へ 次の記事へ
沖縄関連、今話題です(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
きょうのお天気