沖縄タイムス+プラス ニュース

沖縄の新規感染は36人 米軍関係3人【12月26日昼】

2020年12月26日 15:10

 沖縄県は26日、新たに36人が新型コロナに感染したと発表した。県内の累計感染者数は5169人となった。7月以降だけでも5027人で5千人を超えた。1日当たりの新規感染者が二桁になるのは92日連続。在沖米軍関係は3人の感染が判明し、累計で684人となった。

新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(米国立アレルギー感染症研究所提供)

 25日の県発表では、計41人の新規感染が確認され、宮古島市那覇市と並ぶが11人で最多となった。クラスター(感染者集団)認定はないものの、島内で感染が広がっており、県立宮古病院の本永英治院長は同日の会見で「医療崩壊を防ぐためにも、年末年始の忘年会や新年会など大人数での宴会を控えてほしい」と市民に呼び掛けた。一方、島全体がクラスターと認定された県最北端の有人島、伊平屋村では新規感染の発表はなかった。

 同日の発表では、直近1週間の人口10万人当たりの新規感染者数は13・59人で全国15番目。最多は東京都の32.52人だった。

 ▽全国の感染状況グラフは下記から 

https://www.okinawatimes.co.jp/feature/digican/covid19_graph

連載・コラム
記事を検索