沖縄気象台は23日、今年1年間の天気の特徴を発表した。沖縄地方の年平均気温は平年と比べ0・7度高く、年降水量は平年比116%と多かった。台風の年間発生数は23個(平年25・6個)で、県内に接近したのは6個。7月発生の台風がゼロだったのは統計を開始した1951年以降初めて。

 21日までの観測データから速報値をまとめた。平均気温は6~8月が平年比1度高く、9~11月は0・7度高かった。

 降水量は1月は平年比34%で、1月としては統計開始以降の最少値を更新した。5、6、8月や12月(暫定値)は平年より多かった。梅雨入りは5月16日ごろで遅く、梅雨明けは6月12日ごろで早かった。