1945年に日本で女性の参政権が認められてから75年を迎えたが、政治への女性参画は進んでいない。沖縄も41市町村のうち、13町村議会で女性議員がゼロ。来年実施の衆院選は、選挙区から立候補を表明している9人中、8人が男性だ。