豊見城市議会(大城吉徳議長)は24日、12月定例会最終本会議で、中国の王毅国務委員兼外相が尖閣諸島の領有権を主張した発言について、中国政府に対する抗議決議案と、政府や県への意見書案を全会一致(退席1)で可決した。(関連記事

(資料写真)尖閣諸島