1950年の夏、韓国の首都ソウルは北朝鮮の占領下にあった。米軍中心の「朝鮮国連軍」が反攻する。長い糸を引いて降り注ぐ爆弾を、少年は見上げた。米軍機は沖縄から来ると聞かされた▼「幼心に沖縄というのは恐ろしい場所だと思った」。新聞記者や国会議員を務めた李富栄(イブヨン)さん(78)は振り返る。