豊見城市が、ひとり親家庭の医療費助成事業の補助金申請を誤り、県から401万6千円が交付されなかった件で、県が補助金を追加交付しないことを決定し、市に伝えていたことが28日までに分かった。 県は理由を「予算は単年度主義が原則。