新型コロナ感染後に死亡する人の割合は、東京が1・1%にとどまるのに対し、岩手、富山、石川の3県では5%を超えるなど地域によって大きな差があることが29日、共同通信の集計で分かった。高齢者施設などでのクラスター(感染者集団)発生のほか、医療設備や治療経験の差が影響したとみられる。感染防止策や医療提供体制を全国で共有する取り組みが求められそうだ。

 新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(米国立アレルギー感染症研究所提供)

 共同通信が、23日時点の都道府県別の感染者数に対する死者の割合を調べた結果、最も高かったのは岩手の5・8%で、福島、福井、兵庫など16道府県が全国の平均の1・5%を超えた。これに対し、島根や鳥取は死者が出ていない。(共同通信)