沖縄県が、2022年度以降の次期沖縄振興計画の骨子案に米軍那覇港湾施設(那覇軍港)の跡地と那覇空港を一体整備する「臨空・臨港都市」を盛り込むことが30日、分かった。空港と港湾が近接している立地を生かす。