沖縄地方は大みそかの31日、寒気の影響で各地で冷え込んだ。同日午前9時現在、県内の全25観測地点のうち、南城市糸数など計5地点で12月の観測史上最低を記録した。24地点で今季最低となり、国頭村奥で県内最低の7・6度(午前2時38分)を観測した。

冷たい小雨が降る中、パレットくもじ前を歩く人たち=31日午前、那覇市

 沖縄気象台によると、元日の本島地方は曇りとなる見込み。那覇の最高気温は平年より低い17度、最低気温は平年よりかなり低い12度と予想されている。

 本島地方の2日は晴れ時々曇り、3日は曇り時々晴れの予報。那覇の気温は2、3日は平年並みか平年より低い見込み。

 4日以降の本島地方は曇りか曇り一時雨で、気温(那覇)は最高、最低とも平年並みか平年より高い見込み。