恩納村名嘉真の海岸で31日午前、作業員が本部町瀬底島南の海域から漂着したスパット台船と押船をロープで護岸に固定した。海岸近くでは、通りがかった人や近くの住民らが様子を見に訪れ「大きい」と驚いていた。 午前9時ごろ、船を見に来たという50代の男性は「昨日は、風もうねりもかなりあった。