コザ中学校や諸見小学校などでバスケットボールを指導し、多くのプロや実業団選手を育成した松島良和(まつしま・よしかず)氏が12月27日、病気療養中のところ、沖縄市内の病院で死去した。71歳。  2000年に諸見小男子で県勢初の全国制覇を達成。