[「防人」の肖像 自衛隊沖縄移駐50年](1) 第1部 対峙

「幻の先遣隊」として、自衛隊の沖縄移駐の環境づくりに取り組んだ石嶺邦夫さん(前列左から4人目)ら隊友会のメンバー=1969年、恩納村(提供)

 1972年の日本復帰に伴い、沖縄に自衛隊が駐屯を始めて今年で50年目。沖縄戦が繰り広げられた国境の島しょ県は、現代の「防人(さきもり)」とどう向き合ってきたのか。連載第1部は、復帰前後の地元のまなざしと、ほとんど語られてこなかった元自衛官たちの体験談から「対峙(たいじ)」の源流をたどり、部隊配備が進む今を捉え直す。

 日本復帰からさかのぼること4年前、1968年7月7日。梅雨が明けた炎天下、那覇市の国際通りを歩く1人の制服姿の自衛隊幹部がいた。たどり着いたのは牧志のむつみ橋にあった南陽相互銀行本店。そこに勤める当時34歳の石嶺邦夫さん(87)=読谷村=に会うためだった。

 「熊本からお客さんですよ」。同僚から声を掛けられた石嶺さんが窓口に行くと、見ず知らずの自衛官から名刺を差し出された。

 突然の訪問に驚きつつ、銀行内の応接室へ。ソファに向かい合って座った自衛官が単刀直入に切り出した。

 「沖縄は近いうち復帰します。あなたは元自衛官なので、話を聞いてくれると思い、伺いました」。復帰後に自衛隊が円滑に駐屯できるよう力を貸してほしいという打診だった。

 当時、全国の自衛隊で沖縄出身者は500人に満たない。石嶺さんは銀行に入る10年前、鹿児島県の陸自に2年半在籍。沖縄に戻ってからも社会人として人脈を広げた。部隊の受け入れ環境を整える上で、うってつけの人物だった。

 「分かりました」。思わず即答した。

 銀行に自衛官を派遣したのは自衛隊の九州地方トップ、西部方面総監。石嶺さんが在籍当時の大隊長や先輩からの紹介状も添えられていた。

 当時を振り返り「制服姿の幹部から頼まれると自衛官の気持ちに戻り、任務だと受け取った。後になって、大丈夫かな、とは思いましたが」と頭をかく。

 総監からの「任務」は3点。(1)OBでつくる隊友会の結成(2)自衛官募集の協力(3)自衛隊の協力会の結成-だった。

 銀行勤めを続けながら真っ先に手を付けたのは、隊友会のメンバー集めだった。新聞広告で仲間を募り、沖縄出身のOB23人で隊友会を発足。自衛隊駐屯に向けた「地ならし」は復帰の4年前から始まった。

 当時、戦争の記憶が色濃く残る沖縄は、米軍政下の横暴に憤り、ベトナム戦争を受けた反戦運動が激しい時代。住民の中には、自衛隊と軍隊を同一視するまなざしもあった。

 「火炎瓶とゲバ棒による過激な反戦運動の標的になるかもしれなかった。命を懸ける思いで取り組んだ」

 復帰前だった「地ならし」活動は、現在の自衛隊の公式記録に残っていない。当時のメンバーは、誇りを込めて「幻の先遣隊」と呼ぶ。

(「防人」の肖像取材班・銘苅一哲)