沖縄タイムス+プラス ニュース

「飲み会などで一気に感染」沖縄、新型コロナ感染者100日連続で2桁 新たに27人

2021年1月4日 07:36

 県は3日、10~70代の男女計27人が新たに新型コロナウイルスに感染したと発表した。1日当たりの新規感染者が2桁になるのは100日連続。県は「年末年始で県外から沖縄へ来る人の影響などもあり、沈静化に時間がかかっている状況だ」との認識を示した。

県の新型コロナ感染に関する判断指標と現状

県内感染者の居住別状況

県の新型コロナ感染に関する判断指標と現状 県内感染者の居住別状況

 感染経路が判明しているのは27人中16人で、内訳は家族9人、飲食2人、友人・知人2人、調査中3人。居住地が県外なのは東京都や神奈川県など7人で、うち2人は帰省、残りは調査中とした。

 直近1週間の人口10万人当たりの新規感染者数は17・50人で全国13番目に多い。最多は東京の42・36人だった。在沖米軍関係は日曜のため報告がなかった。

 県の糸数公保健衛生統括監は「飲み会などで感染が一気に出て、家族や職場に広がっている。県外では関東地方を中心に感染が拡大しており、年末年始で沖縄を訪れる例も見られる。なかなか感染を抑える状況には至っていない」と危機感を示した。

連載・コラム
記事を検索