正月三が日明けの4日早朝、那覇市の泊魚市場で初競りが開かれた。競り人の威勢のいい掛け声とともに、マグロや赤マチなどの鮮魚が次々と競り落とされた。初競りでは、キハダマグロ(51・5キロ)の㌔単価で過去最高の1万円の値が付いた。  

新春恒例の初競りで、マグロを競り落とす仲買人ら=4日午前6時、那覇市・泊魚市場(下地広也撮影)

 競り落としたマルナカ鮮魚(南城市奥武島)の中村優人さん(27)は「新型コロナウイルスの影響で暗い話題が多いため、初競りは高値で景気づけようと決めていた。新年のいいスタートが切れてよかった」と満足げな表情を浮かべた。  

 4日の泊魚市場の水揚げ総量は約31・5㌧で例年並みの水準となった。販売合計金額は、1800万円(税抜き)だった。  

 初競りに先立ち県漁業協同組合連合会の上原亀一会長は「昨年は新型コロナの影響で取扱総量や販売金額も落ち込んだが、1年間競りを休止することなく継続できたのは関係者の協力のおかげ。初競りを盛り上げて、今年1年も引き続き頑張っていきたい」と抱負を述べた。