5日は二十四節気の「小寒」。暦の上では寒さが厳しくなる時期とされる。4日の沖縄地方は気圧の谷の影響で曇りや雨となり、気温は那覇市で22.6度、名護市で20.1度と多くの地点で3月上旬~4月中旬並みの暖かさとなった。

キビ刈りに精を出す農家=4日午前、八重瀬町大頓(国吉聡志撮影)

 八重瀬町大頓では同日、サトウキビ農家が収穫作業に精を出していた。多和田真正さん(81)によると、昨年は台風の被害が少なかったこともあり、キビの出来はいいという。

 多和田さんは「この年になると中腰で作業を続けるのはしんどいよ」と苦笑いしながら、手おのを使い太いキビを根元から刈り倒していた。