JAおきなわ(普天間朝重理事長)は4日、浦添市伊奈武瀬のJA園芸農産物広域流通センターで初荷式を開いた。新型コロナウイルス感染防止のため、JA職員と農家の代表者1人が参加。関係者が見守る中、青果58トン、花卉(かき)1200ケース(20万本)を載せた大型トラックが県内外の市場に向け、出発した。