日本維新の会が、国会改革の一環で衆院特別委員会の統廃合を求めている。先の臨時国会で九つ設置された特別委の開会時間が、いずれも短く、活動が低調だったことが理由だ。各委員長には専用の公用車が割り当てられ、会期中は週末も含め日当6千円が支給されているため「統廃合で無駄が削減できる」と主張。