新型コロナウイルス感染拡大に歯止めがかからない中、菅政権が緊急事態宣言再発令に向けて検討に踏み出した。感染防止策が不発に終わった結果、医療体制は崩壊寸前だと訴える首都圏の知事からの「圧力」で慎重論はしぼみ、翻意を余儀なくされた。